古代コイン

古代ローマ ヌムス貨 コンスタンティヌス2世

引き続き、10月8日のヘリテージのウイークリーネットオークションで落札し、手元に届いたコインです。

1.スペック

  • 発行国 ローマ帝国
  • 年代 337~340年
  • 肖像 コンスタンティヌス2世
  • 額面 ヌムス
  • 材質 ビロン(劣化銀)?銅?
  • 重量 3.07g
  • NGC MS Strike:5/5 Surface:4/5

MSのStrikeが5/5の満点、Surfaceも4/5とかなり状態はいいです。

コンスタンティヌス2世のヌムス貨?あれ?以前にも入手したような気が・・・と、手元のコインを見てみたら、裏面デザインが違うものでした。

以前のコンスタンティヌス2世のヌムス貨はこちら。

2.コンスタンティヌス2世

正式名は、カエサル・フラウィウス・クラウディウス・コンスタンティヌス・アウグストゥスです。

前回のコンスタンティヌス2世ビロン貨の際の内容とほぼ同じです。

コンスタンティヌス2世は、コンスタンティヌス1世とファウスタの間に生まれますが、母であるファウスタは不義密通の罪で処刑され、2人の兄弟と共に宮廷内で育てられました。

兄弟の1人はコンスタンス1世ですが、兄弟と言っても、父親である皇帝コンスタンティヌス1世は変わらないものの、このコンスタンティヌス2世の母親はファウスタという説とそれ以外の者という説があるらしく、異母兄弟の可能性もあるようです。

まぁ、父親が同じなので兄弟に変わりはありません。

337年、父コンスタンティヌス1世の死後、他の兄弟と共に揃って即位しましたが、コンスタンティヌス2世はわずか3年後の340年に北イタリアに侵攻する戦いの中で殺害されました。

ちなみに、この3兄弟とは、一番上がこのコンスタンティヌス2世、次がコンスタンティウス2世(日本語だと似すぎて紛らわしい)、一番下がコンスタンス1世です。

3.古代コイン本のご紹介

私サミーもtwitterで繋がっているShelk(詩瑠久)さんの著書のご紹介です。

「アンティークコインマニアックス」

この本は古代コインの初心者向けになっており非常に読みやすいですが、Shelkさん自身の古代コインの知識にはいつも驚くばかりで、いつも教えてもらっています。



にほんブログ村


artikel-78

ABOUT ME
サミー
アンティークコイン収集歴はまだ浅く、日々勉強中です。 このブログは自分の備忘録として、そしてアンティークコイン収集をこれから始めようとする方の参考になればと思います。