円銀

日本 明治21年 新1円銀貨(小型)

引き続き、NGCから戻ったグレーディング結果です。今回は円銀です。日本銭はそもそも私の主な分野でもないですが、やはり大型の竜図円銀は外国コインと比べても素晴らしい出来です。日本国内では裸でいい状態のものがまだまだ入手できるのでこれまでに何回か裸でそこそこの状態の円銀を入手してはグレーディングに出していますが、今のところほとんどMS鑑定で戻ってきています。

1.スペック

  • 発行国 日本
  • 発行年 1888年(明治21年)
  • 重量 26.96g
  • 直径 38.1mm
  • 品位 銀900/銅100
  • 発行枚数 9,477,414枚

2.円銀

円銀は大きく分けて、明治20年途中までの大型とそれ以降の小型がありますが、全体的に大型の方が圧倒的に高値です。

日本貨幣商協同組合発行の日本貨幣カタログの価格よりは実勢価格の方が若干低いとは思いますけど、大型になると初期の年号や手替わりによって100万円超えてくるんですね。

冒頭で説明したとおり、日本銭は私の主な収集分野ではないので、手替わりだとか言われてもよくわかりません。このあたり、日本銭を主に収集している人は本当に詳しいのでそういう方のブログを見てみてください。

でも、円銀はやっぱりカッコいいですね!日本が世界に誇る銀貨だと思います。

3.グレーディング結果

結果は、なんとかMS61で、MSを取得できました。今回の明治21年円銀は竜図面は文句なしのかなりいい状態だと思いましたが、額面の方がちょっとヘアラインぽくて、下手したらDetailsになる可能性もあるかなと思っていましたが、無事に数字がつきました。

4.最後に

日本にいる限り、一番多く、かつ安価で入手できる可能性があるのは当然日本銭ということになります。

円銀はいろんな場面で入手する機会がありますので、今後もよさげなものを見つけては入手してグレーディングに出してみようと思います。



にほんブログ村


artikel-27

ABOUT ME
サミー
アンティークコイン収集歴はまだ浅く、日々勉強中です。 このブログは自分の備忘録として、そしてアンティークコイン収集をこれから始めようとする方の参考になればと思います。