円銀

日本 明治29年 新1円銀貨(小型)

前回の記事と同時に入手した明治29年の円銀です。

1.スペック

  • 発行国 日本
  • 発行年 1896年(明治29年)
  • 重量 26.96g
  • 直径 38.1mm
  • 品位 銀900/銅100
  • 発行枚数 11,363,949枚

数値はすべて日本貨幣商協同組合の日本貨幣カタログを参考にしています。発行枚数は前回の明治28年の約半分です。

2.明治29年円銀の相場

カタログでは完全未使用で80,000円、未使用で40,000円、極美品で15,000円ですが、やはり実際の取引相場はこれより低いです。

今回も国内の取引データを調べてみました。前回同様オークションワールド(AW)の2017年以降でNGCまたはPCGSのスラブ入り、かつ丸銀打ちではないもののデータです。

2018.4.21 14,404円 NGC MS61
2020.1.18 15,540円 PCGS MS61
2018.10.20 13,850円 PCGS MS62
2018.10.20 15,512円 PCGS MS62
2017.4.16 26,592円 PCGS MS63
2018.4.21 36,010円 NGC MS64

明治28年に比べ落札データが少なかったです。明治28年はMS65クラスもそれなりにありましたが明治29年の落札データにはありませんでした。

発行枚数も約半数なのでいい状態で残っているもの自体が少ないのかもしれませんが、それにしてはMS61~MS64の落札金額は明治28年のものよりむしろ低いです。

3.入手した円銀の状態

今回入手した明治29年の円銀はこんな状態です。

前回紹介した明治28年の円銀よりは遥かに状態がいいです。竜図面も菊紋面もキズが少なく、十分未使用感が残っています。

この明治29年も入手した価格は高くはなかったので、グレーディング費用を入れてもMSがつけばだいぶ得をすることになりますが、どうなるでしょうか。



にほんブログ村


artikel-36

ABOUT ME
サミー
アンティークコイン収集歴はまだ浅く、日々勉強中です。 このブログは自分の備忘録として、そしてアンティークコイン収集をこれから始めようとする方の参考になればと思います。