日本コイン

日本 明治41年 新10円金貨

前回、新5円金貨をご紹介しましたが、今回は新10円金貨です。前回の記事でも紹介したとおり、新10円金貨は発行枚数が多いため、大きさも金地金量目も新5円の倍ありますが、価格は新5円よりも低いです。

そのため、とりあえず金貨を入手して満足感を得たい人には新5円金貨よりも新10円金貨をオススメします。

1.スペック

  • 発行国 日本
  • 発行年 明治41年(1908年)
  • 額面 10円
  • 直径 21.21mm
  • 重量 8.33g
  • 品位 金900/銅100
  • 発行枚数 1,160,674枚
  • NGC MS66

2.新10円金貨

新5円金貨よりも発行枚数が多いと説明してみますが、どのくらいの発行枚数があるのでしょうか。以下の表にしてみます。(参考:日本貨幣カタログ)

年号 西暦 発行枚数
明治30年 1897年 2,422,146枚
明治31年 1898年 3,176,134枚
明治32年 1899年 1,743,006枚
明治33年 1900年 1,114,766枚
明治34年 1901年 1,654,682枚
明治35年 1902年 3,023,940枚
明治36年 1903年 2,902,184枚
明治37年 1904年 724,548枚
明治40年 1905年 157,684枚
明治41年 1908年 1,160,674枚
明治42年 1909年 2,165,660枚
明治43年 1910年 8,982枚

ご覧のように、明治42年こそ1万枚以下と希少ですが、その次ぎに少ない明治40年となると15万枚超と新5円金貨の平均よりも多いです。その他の年号にあっては概ね100万~300万枚発行とかなりの枚数になっています。

カタログ価格は新5円よりも低い金額です。こちらもやはりカタログ価格よりは1ランク低い価格が実勢価格となっているような印象があります。

ちなみに、一番発行枚数の少ない明治43年はやはり相当高いですけどね。

3.日本貨幣カタログ

前回の新5円金貨の記事でも紹介しましたが、日本貨幣カタログの2021年版が予約開始しました。

ご興味のある方はどうぞ。



にほんブログ村


artikel-70

ABOUT ME
サミー
アンティークコイン収集歴はまだ浅く、日々勉強中です。 このブログは自分の備忘録として、そしてアンティークコイン収集をこれから始めようとする方の参考になればと思います。